Pocket

山中慎介を破ったネリに薬物陽性反応がでました!

ボクシングのタイトルマッチは無効試合となり
王座返還になるのでしょうか?

WBCがどの様は判断をするか
気になります

もし、無効試合となり
タイトル返還となれば

山中慎介選手はネリ選手と
再戦するでしょうか?

Sponsored Links

山中慎介破ったネリに薬物陽性反応!

 


山中慎介(帝拳)に4回TKO勝利で
WBC世界バンタム級王者となった
ルイス“パンテラ”ネリ選手。

しかし

WBCが事前に実施したドーピングテストで
ネリから陽性反応が出だと速報が入る。

WBCはボクシング界の浄化を目的とする
「クリーン・ボクシング・プログラム」を促進。

全階級のチャンピオンと
各クラスのランキング上位15人を対象にする

薬物検査を抜き打ちで実行していが、

そこで

ジルパテコルという物質がネリから検出された。

同物質は家畜を太らせる目的で使われ、
筋肉増強効果がある。

薬物陽性反応の原因は?

今回、ネリのケースもメキシコでは“食肉説”が主流です。

ネリ選手はメキシコのティファナに住んでいる
(アメリカの、サンフランシスコに隣接)

アメリカで飼育された牛肉をネリが食べたから
今回の陽性反応がおきたと報じるメディアもあります。

ネリのプロモーター、フェルナンド・ベルトランは

「ルイスはとても健全なボクサー。心配することは一切ない。すべてのことが明らかになり、今回の偉業のエピソードのひとつに終わるだろう」と報道を一笑している

Sponsored Links

タイトルマッチは無効試合か?

陽性反応が認められれば、無効試合となり
山中慎介の王座はそのまま維持される。

無効試合だから当然ですよね。

とはいえ、現役引退の噂も流れるなか

山中慎介選手は、再度モチベーションを維持して
現役続行を続け、防衛記録を伸ばすことができるのか?

それとも、因縁の対決が実現し
今度こそ白黒はっきりつけるのか?

今回の薬物反応疑惑で注目が集まっているが、

WBCがどのような判断を下すか
今のところ報告を待つしか無い。

個人的には再度、山中慎介選手勇姿を見たい。

 

過去に無効試合になった事例は?

無効試合となって山中の王座が復活するのか
WBCの今後の対応に注目が集まるが、

過去にはドーピング違反による無効試合や、
王座剥奪の処分が下ったこともある

一方で『お咎めなし』となったケースもある。

今回の山中慎介選手の場合
どのような判断を下されるかわかりませんが

過去の事例だけでみると

無効試合になることもありえるのです。

◆日本人選手の無効試合の事例

日本のジム所属選手の世界戦では、2015年5月の世界ボクシング機構(WBO)ライト級王座決定戦で粟生隆寛(帝拳)に2回TKO勝ちしたレイムンド・ベルトラン(メキシコ)が試合後のドーピング検査で筋肉増強効果のあるスタノゾロールに陽性反応を示し、試合は無効試合となった。

 

まとめ

日本防衛タイ記録を目前とした
ネリ選手との試合で破れた山中慎介ですが

まさかの陽性反応で

無効試合で王座を奪還し
タイトル防衛記録を更新する
チャンスまででてきました。

再検査の反応結果と
WBCがどのような判断をするか
注目があつまっています。

 

 

Pocket