Pocket

土用の丑の日ではなく、
土用のたれめしがあるのを知ってますか?

絶滅の噂があり値段が高騰している「うなぎ」は高すぎる!しかし土用の丑の日にはうなぎを食べたい。

そういったニーズを敏感に感じたのが「大学生協」。

土用の丑の日を前に、「土用のたれめし」を販売しています。

早速詳しく見ていきましょう!

Sponsored Links

土用のたれめしとは何


2018年は夏に土用の丑の日が2回あります。

7月20日(金)と、8月1日(水)です。

 

日本で「土用の丑の日」にウナギを食べる習慣が、一般にも広まったのは1700年代後半です。

あの平賀源内が「鰻を食べると夏負けしないという」キャッチコピーを作ったことで

土用の丑の日=鰻を食べるが習慣となったようです。

うまいキャッチコピーを考えたものですね!

 

うなぎの丼や、うな重が美味しいのは

「うなぎ」本体がメインなのはもちろんですが、
あの甘辛い「たれ」がかなり重要ポイントなんですよね。

 

そこに目をつけたのが大学生協さん

 

土用のたれめしはその名の通り

土用のたれだけが入っているお弁当です。

 

普通それを販売しようと考える、自由な発想はなかなか大したものですよね(笑)

Sponsored Links

販売店はどこ?

土用のたれめしは期間限定の販売なんです。

販売しているのは大学生協。

大学生協ってけっこう面白い商品だしますよね。

販売期間は土用の丑の日の7月20日までのようです。

 

2018年は夏に土用の丑の日が2回あります。

7月20日(金)と、8月1日(水)です。

 

おそらく8月1日(水)にも販売されるはずですから、今回のがした方も是非ためしてみてはいかがでしょうか!

慶応大学


芝浦工業大学


早稲田大学


電気通信大学


東京農業大学

Sponsored Links

土用のたれめし値段や味は?

土用のたれめしは198円で(税込み)
カロリーは335kcal

原材料はご飯、たれ(醤油、砂糖、みりん、植物油、鰹節エキス)が主。

 

案外ローカロリーなんですし、財布にも優しい土用のたれめし。

今年の夏は暑いですからコレを食べて夏を乗り越えましょう!

 

 

Sponsored Links

土用のたれめしの感想・口コミ


蒲焼さん太郎とセットで食べると、より土用の丑の日の雰囲気を味わえますよ(笑)

卵黄をかけて食べると美味しいという口コミもありましたね。

 

Sponsored Links

まとめ

土用の丑の日を前にして
土用のたれめしを販売する
大学生協の自由な発想が面白いですね。

蒲焼さん太郎とセットで売っているので
試しに買ってみるのも良いかも。

市販のタレと蒲焼さん太郎で
土用の丑の日に
うなぎ風ごはんを楽しむのもいいかもしれませんね。

 
こちらの記事もどうぞ!
 

Sponsored Links

Pocket