Pocket


日大アメフト部が廃部の危機にある。

5月6日に行われた
日大と関大アメフト部の定期戦

そこで背後からの反則タックルが
問題になっている。

内田正人監督やコーチが
日大91番の宮川泰介選手にけしかけた
と噂させているが

その日から責任者である
内田正人監督は雲隠れ中で

関大に対する説明では
大学や監督・コーチを擁護し
選手に責任を押し付けるありさまに

おまけに被害者には謝罪していない
とんでも指導者達の下でプレーする
選手は気の毒になります。

新たな動きがあったので早速どうぞ!

Sponsored Links

日大アメフトの内田正人監督が謝罪


5月6日に発生した
反則ラフプレーから雲隠れ中していた
日大の内田正人監督と

日大の幹部が19日に関西学院大学の
選手らに直接謝罪するようです。

18日には内田正人監督が
伊丹空港に到着したと報道があり
まさか観光ではないでしょうから

相手が拒否しない限り謝罪する
ことになるでしょう。

しかし、

マスコミや関大へ向けた説明に対して
さんざんクレームを言われて
やっと重い腰をあげたという感じ。

報道をみるかぎり日大のアメフト部の
上層部はどうも腐りきっているので

責任者が全員処分を総入れ替えし
抜本的に建て直さないと

日大アメフト部は本当に廃部に
追い込まれてしまう可能性があります。

内田正人監督をはじめ
幹部の方々が自己保身に終始すれば
廃部の可能性はより高まるでしょう。

日大が関大に対して説明した内容も
大学や幹部は言い逃れをして
学生に責任を押し付ける最悪の対応。

今回の謝罪でも事件の詳しい
説明などはないと思われますが、

今後の日大の出方に注目です。

Sponsored Links

内田正人監督の謝罪内容


日大アメフト部と内田正人監督や
幹部が19日に関西学院大学の
選手らに直接謝罪する予定です。

詳しい内容はわかり次第追記します。

日大アメフト部の大量退部で崩壊危機

日大アメフト部が崩壊危機にある。
というのも、今回の反則ラフプレーで

関西学院大学やマスコミに対する
日大アメフト部の上層部の対応に
部員たちが不満を募らせているからだ。

日大アメフト91番の宮川泰介選手に
相手QBを潰すよう指示したとされ

責任は俺が取るといった本人である
監督が謝罪もせずに雲隠れ

おまけに幹部連中は言い訳に終止し、
学生に責任を押し付ける始末。

もともと内田正人監督の独裁者体制で
コーチも選手も意見が言えず

日大アメフト部は以前にも20名位
の大量退部者を出したこともあり

それから全く体質が改善されていない
事になります。

19日に日大幹部が関学の関係者に
謝罪を行い、

24日までに改めて関学に再回答する
ことになっていますが

その対応次第では日大アメフト部の
部員が大量退部する可能性もある。

特に1年生は若いため、
他大学を再受験して来年から4年間
プレーする事もできるので

大量退部する可能性高い。

雲隠れ中の内田正人監督が
マスコミに対して正式に謝罪して
事情を説明しないと

日大アメフト部は本当に崩壊する
かもしれません。

Sponsored Links

まとめ

内田正人監督は責任を認め
事情を説明し謝罪をした上で

アメフト部監督を辞め、
日大の常任理事も辞任しないと

この問題は収集しないでしょう。

被害者の学生(関大QB)と関大
加害者の学生(日大91番)
日大アメフト部の部員にたいして

詳しい説明もなしに
これだけ逃げ隠れしていた
内田正人監督が

どんな対応をするのか注目です。

芸能人や政治家さんみたいに
急に体調不良で入院して

まさか書面一枚だけ提出して

弁護士に説明させるとかなら
最悪なんですけど?

そうならない事を祈ってます。

 
こちらの記事もどうぞ!
Sponsored Links

Pocket