2018年もボジョレーヌーボーの
発売が近づいてきました

出来が気になるところですが

ボジョレーヌーボーの解禁日って
いつだか知ってますか?

ボジョレーヌーボーの解禁日は
今は、毎年11月の第3木曜日になっています。

日本でも最近は、解禁日近くになると
多くのメディアが取り上げますよね。

比較的リーズナブルなこともあり
私も毎年飲んでます。

今年の出来は~とか言うのがまた
楽しいんですよね♪

美味しい飲み方や、
オススメ商品なども紹介しますよ!

すぐに予約・取り寄せして
2018年のボジョレーヌーボーを
楽しみたい方のために

2018年のボジョレーヌーボーの
楽天市場でレビュー評価が高い
人気のオススメ商品を紹介します。

ボジョレーヌーボー2018
▼「楽天」人気のオススメ商品▼

 

 

▼「楽天」人気のオススメ商品▼
 

 

▼「楽天」人気のオススメ商品▼
 

 

Sponsored Links

ボジョレーヌーボー2018の出来は?


2018年のボジョレーヌーボーの
出来や評判ですが

残念ながらまだ正確にはわかりません。

なぜなら
解禁前で飲めてないからです(汗)

わかんねーのか!?

 

しかし、

2018年のボジョレーヌーボーは、

『理想的な条件の下、すばらしい
ヴィンテージへの期待高まる』


ということなので美味しんいんでしょう!

 

2018年は春から理想的な好天に恵まれ、
一部、乾燥の影響もなく理想的な
衛生状態で生育サイクルが早いそう。

 

病害もなく収穫量も例年並みのようで
生産者にとって励みになる
生育状況だったのようです。

 

これだけ聞くと美味しそうなのか
微妙な感じがしないでもないですが

2018年8月22日のプレスリリースを
紹介します。

品質面では、現在のところ全体として今年のヴィンテージは、収穫時期やフェノール類の凝縮度において2009年、2011年、2015年、2017年と同じ傾向が見られています。
引用:ボジョレワイン委員会プレスリリース

 

2018年は昨年と同じ傾向に
あるようですから

2017年のボジョレーヌーボーが
好みだった方は
期待できそうです。

 

ちなみに、

2017年のボジョレーヌーボーは

非の打ち所がない、
期待できるヴィンテージ


と評価されていました。

 

といういうことは

2018年のボジョレーヌーボーも
きっと美味しいんでしょうね。

 

非の打ち所がない、
期待できるヴィンテージと言われても

困ってしまいますよね。

どんだけ期待していいのか
さっぱりわかりません

 

というこで

ボジョレーヌーボーは毎年

ボジョレーワイン委員会の
品質予想や酒販売業者によって

味が評価されているますので

過去のボジョレーヌーボーが
どのように評価されていたのか
調べてみました。

Sponsored Links

ボジョレーヌーボーの過去の評価は?


twitterだけだと小さすぎて
よく見えないでしょうから
2002年~2017年に発表された

「ボジョレーヌーボー」の
キャッチコピーを紹介します。

  • 2002年「色付きが良く、しっかりとしたボディ」
  • 2003年「並外れて素晴らしい年」
  • 2004年「生産者の実力が表れる年」
  • 2005年「59年や64年、76年のように偉大な年の一つ」
  • 2006年「とてもうまくいった年」
  • 2007年「果実味が豊かでエレガント」
  • 2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」
  • 2009年「数量は少なく、完璧な品質。桁外れに素晴らしい年」
  • 2010年「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」
  • 2011年「3年連続で、偉大な品質となった」
  • 2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」
  • 2013年「繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ」
  • 2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
  • 2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」
  • 2016年「エレガントで、魅惑的なワイン」
  • 2017年「豊満で朗らか絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」
    引用:wikipedia

 

wikipediaより、過去16年分の
ボジョレーヌーボーの評価を
引用していますが

 

キャッチコピーを考える方は
ボジョレーヌーボーの

売れ行きを左右するでしょうから
考え抜いた末につけた
ウリ文句ですから

基本的に美味しそうです(笑)

 

2018年のボジョレーヌーボーの
出来栄えは

2017年と同じ傾向にあるようなので

2017年の評価は

「非の打ち所がない、
期待できるヴィンテージ」

 

今年は、過去と比較しても
いい出来のではないでしょうか!?

あまり悪い評価がないのも
気になりますが、

2018年のボジョレーヌーボーには
どんな味がするのが楽しみです。

Sponsored Links

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方

そもそも、ボジョレーヌーボーの
意味ご存知ですか?
  • ボジョレー(ランスのブルゴーニュ地方の南に位置するボジョレー地区のこと)
  • ヌーボー(フランス語で「新しい」という意味)
つまり、

ボジョレー・ヌーボーとは、
フランスのボジョレー地区でつくられた
新酒のワインのことです。

フレッシュさを売りとする一方で

製造側にとってはその年の葡萄の品質を
確認するという意味も持っています。

 

飲む側にとって
普通のワインは冷やしすぎると
渋みが増してしまうのですが、

ボジョレーヌーボーは
冷やして飲んだ方が
より美味しくいただけます。


また、

通常のワインは寝かせれば
味に深みが出ると言われていますが、

ボジョレーヌーボーは
フレッシュさを売りとしているので

解禁から2、3ヶ月以内が
一番美味しく飲める時期なんです


あまり時間が経ちすぎると
ボジョレーヌーボーの美味しさが
失われてしまうため

なるべく早めに飲んで下さいね。

Sponsored Links

美味しいボジョレーヌーボーの選び方

ワインを普段あまり飲まない方は

美味しいボジョレーヌーボーの選びかたを
あまり知らないと思うんです

種類が多すぎてよく分かんないから
レビューの評価とかで決めてしまいます。

そして後悔します。私の事?

そこで、ワインの初心者でもわかる
美味しいボジョレーヌーボーの
選び方を紹介します。

「産地」で選ぶ

ボジョレーヌーボーの種類は
大きく2つに分けることができます。
  1. 「ボジョレーヌーボー」
  2. 「ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー」 
  • 「ボジョレーヌーボー」は、フランスの
    パリにある、ボジョレー地区で作られた
    新酒の事をいいます。
  • 「ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー」 
    とは、ボジョレー地区の北方に位置する
    で「39の村」だけで造られるヌーボー
    の事を指しています
この、「39の村」では、ボジョレー地区の
中でも高品質のブドウが収穫できるため、
ワンランク上の商品です。

 

「値段」で選ぶ

2,000~3,000円位の価格帯のものを
選ぶのが初心者にはオススメ。

高価なものを購入して失敗すると
ヘコミますので、やはり
お手頃価格帯のものが無難ですよ♪

 

「専門店で聞く」

専門店のスタッフに聞くのがオススメ
自分の好みを伝えれば、最適な商品を
教えてもらえます。

自分でも飲んだ上で紹介してくれますので
初心者向けの商品も選んでくれますよ!

Sponsored Links

ボジョレーヌーボーのオススメはコレ!


まずオススメしたいのが

「ボジョレーの帝王」と呼ばれている
醸造家の「ジョルジュ・デュブッフ氏」

が作るワインです、楽天では既に
予約も始まっていますので
なにがなんでも飲みたい方はどうぞ!

 

◆ボジョレーヌーボー 2018◆
『ジョジジュ・デュブッフ』

 

 

そして、アンリ・フィッシュ社の
ボジョレーヌーボーもオススメ

なんといっても、

トロフィー・リヨン※にて
2015&2016 2年連続『金賞』受賞!
している人気商品です!


※フレランス最大のボジョレーヌーボー
(ロゼ含む)と、ボジョレー・
ヴィラージュ ヌーボーのコンクール。

 

◆ボジョレーヌーボー 2018◆
『アンリ・フィッシュ社』

 

 

いずれも、売り切れ必至の人気商品なので
一度確認してみてください!

まとめ

今回はボジョレーヌーボーに関して
とりあげました

ボジョレーヌーボーと
ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー

両方飲み比べてもいいですよね

私は何かと理由を付けて
飲む方なので、

こういうイベントは
個人的に大歓迎です!

■関連記事はこちら!
>> 山ぶどうワインのおすすめは?味や値段や評判も知りたい!

Sponsored Links