絵本作家の加古里子(かこさとし)
さんが、5月2日に92歳で
亡くなりました。

葬儀・告別式は近親者で行っている
そうです。

かこさとしさんは、学生時代から
演劇脚本を書き始め、33歳で絵本作家
としてデビューしました。

かこさとしさんの絵本作品は
600作品以上にもなり、

90歳を過ぎてからも創作活動を
続けていました。

約60年間も作家として
活動されていたと考えると
感心してしまいます。

Sponsored Links

かこさとしさんのプロフィール


かこさとしのプロフィール
  • 名前:加古里子(かこさとし)
  • 本名:中島哲(なかじまさとし)
  • 生年月日:1926年3月31日
  • 年齢:92歳
  • 出身:福井県越前市
  • 高校:成蹊高等学校(旧制)
  • 大学:東京大学工学部
  • 職業:絵本作家、児童文学者、工学博士、技術士
 

加古里子(かこさとし)という名の
ペンネームで絵本作家として活動して
きた中島哲(さなじまさとし)さんは

福井県越前市の生まれで、8才から
東京の板橋区に引っ越し育ちました。

高校は成蹊高等学校(旧制)に通い
(※旧制成蹊高校の学生はほとんど
東京帝国大学(東京大学)へ進学)

そして
東京大学工学部応用化学科に進学

東大卒の絵本作家だったんですね!

東京大学を卒業後は昭和電工に入社。

研究所勤務を続けるかたわら、
川崎市などでセツルメント活動や、
児童向け人形劇、紙芝居などの活動を
行っていたそうです。

仕事をしながら社会貢献活動もする
なんて尊敬しちゃいますね。

その後、

1962年工学博士学位記受理、

1966年技術士(化学)資格取得。

難しくてよくわかりませんが
仕事をしながら慈善活動をして
資格もしっかり取得

やっぱり頭のデキが違うようです(笑)

最初に手がけた絵本は
1959年(33才)の時に描いた
『だむのおじさんたち』です。

そして

1973年に47才で昭和電工を退社して
フリーの絵本作家として
本格的に活動を開始しました。

2008年には「菊池寛賞」を受賞
「伝承遊び考」全四巻の完成

2009年に「日本児童文学学会特別賞」
を受賞しています。

かこさとしさんは、
日本の絵本の発展に大きく貢献した
すごい先生なんです。

Sponsored Links

かこさとしのさんの代表作

だるまちゃんシリーズが
一番有名かもしれませんが
かこさとしさんの代表作を紹介します。

だるまちゃんとてんぐちゃん かこさとし 絵本 子供 赤ちゃん 幼児 おすすめ 人…

 

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]

 

どろぼうがっこう2版 (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]

 

おたまじゃくしの101ちゃん (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]

 

むしばミュータンスのぼうけん (かこさとし・からだの本) [ 加古里子 ]

 

にんじんばたけのパピプペポ2版 (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]

 

子供の頃に読んだ本や
お子さんに読み聞かせている本が
たくさんありますよね。

生涯現役を通し
600冊以上も作品を描いた
かこさとしさん、

改めてその凄さを実感しました。

Sponsored Links

亡くなった原因は病気なのか?

かこさとしさんが亡くなった原因は
病気だったんでしょうか?

かこさとしさんは、50代の時から
「緑内障」になり治療を続けて
いたようです。

◆緑内障とは

障害者手帳発行数から推定される、日本人における視覚障害の原因疾患の第1位は緑内障です。1)治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と推定されていますが、なんと9割の方がまだ気づいていないと考えられています。2)

1) 白神史雄 : 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する調査研究 平成28年度 総括・分担研究報告書 : 32, 2017より作図
2)Iwase, A. et al.:Ophthalmology 111(9):1641,2004

◆緑内障の原因

緑内障は眼圧の上昇等によって視神経が障害される病気です。
しかし、どうして緑内障になる人とならない人がいるのか、また緑内障がどのように発症するのか、について詳しいことはまだわかっていません。

引用:緑内障の情報サイト

◆治療方法は?

緑内障かどうかを調べるには眼圧、眼底、視野検査などの検査が必要になります。

緑内障と診断されたら、一般的には点眼薬による治療が基本です。緑内障を早期に発見し、点眼薬による治療を続けていれば、多くの場合、失明に至ることはありません。

緑内障の治療中でも、生活の厳しい制限や注意事項はほとんどありません。点眼薬を使用し定期的に受診すること以外は、普段と変わらない生活を送ることができます。

引用:緑内障の情報サイト

緑内障自体は、早期発見し
適切な治療を受ければ
失明に至ることはなく

治療中も厳しい制限は特に
ない病気のようですね。

そう考えると
緑内障がお亡くなりなった
直接の原因ではないようです。

毎日新聞には「慢性腎不全」
原因で亡くなったと掲載されて
いました。

腎不全とは、

腎臓の機能が低下して、
正常に働かなくなった
状態のことです。

92歳という年齢から考えますと
日本人男性の平均年齢も
超えていますし、

老衰によって天寿を全うされた
と考えるのが自然かもしれません。

かこさとしさんメッセージ動画と家族



かこさとしさんは1955年に
同じ会社の部長秘書だった女性と結婚

二女をもうけます。

奥様の写真は見つけられませんでした。

仕事が忙しかったかこさとしさんは
独自の教育論もっていたようで

お子さんとはあまり遊んで
あげなかったみたいですね。

私の絵本を読んでくれるのはふつうの家庭生活を送っている人たちですから、芸術家気取りではだめです。生活を一人前にできないような落伍者が偉そうなことを言っても、読み手は鋭く見抜くでしょう。社会人としてまっとうに生きることが、絵本を描くうえでは大切だと考えていました。

娘たちと一緒に遊ぶことはほとんどありませんでしたが、僕は子どもは子どもどうしで遊ぶのが健全、と思っているんです。以前、新聞記者が取材に来て、娘に「お父さんがこういうお仕事をしているから、たくさん遊んでもらえていいね」と気を遣って話しかけたところ、娘は我慢耐えかねるといった様子で、

「遊んでもらったことなんて、一回もないもん!」と答えていました。引用:スズムシ日記

 

子供のための絵本作家なのに
自分のお子さんとあまり
遊ばないなんて想像できませんね。

勝手な想像ですが自宅にいることが
多いから子供ともたくさん遊び

自分の絵本を読みきかしたり
しているものだと思ってました。

最初の頃、娘に見せていたんですが、ズケズケと思っていることを言われるもんだかち、がっくりしちゃうんです。描き直したいけれど、締め切りもあるし……、落ち込んでしまうので、だめですね。引用:スズムシ日記

はじめの頃は見せていたようですが
いろいろ苦労されてるんですね(笑)

かこさとしさんの娘さん

かこさとしさんの長女が
メディアにも露出していました。

長女の鈴木万里(すずきまり)さんは、
かこさとしさんの創作活動について
講習会などで父親ことを話す
機会が多いようです。
(有限会社加古総合研究所)

長女の鈴木万里さんが
「かこさとし原画展」のオープニング
セレモニーに出席した時の画像が
HPに掲載されていました。

かこさとし様長女の画像
かこさとし様長女の画像
かこさとし 世界と子どもの不思議と共に 文藝別冊 / 河出書房新社編集部 【ムック】

 

Sponsored Links

まとめ

今回は600冊以上の絵本を

作品を残してくださった
「かこさとし」さんについて
まとめました。

小さな時に読んだ絵本が
何冊もあり

なんだか懐かしくもなり
悲しくなりました。

ただ

記録にも記憶にも残る
作品を残す仕事って
とても素敵だと感じるとともに

おそらく

充実した人生だったんだろうと
勝手に想像しています。

素晴らしい作品と
たくさんの思い出を
ありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Links