どうもtanaです。
まだ暑い日が続いてますね。

9月9日は北朝鮮の建国記念日だったので
また、ミサイル実験等するのでは?

と心配されましたが、
大きな動きがはありませんでした。

北朝鮮の脅威が取り除かれたわけでは
ありませんので安心できません。

そもそも

北朝鮮がミサイルを発射したら
日本まで何分でつくのでしょうか?

標的はどこを狙ってきて、
日本はミサイルを迎撃する能力が
あるのか心配ですよね。

日本の防衛装備の種類や性能、値段を
調べてみましたよ!

Sponsored Links

北朝鮮ミサイルはに日本に何分で到達するの?

結論からいいますと
北朝鮮から発射されて10分以内に
到達するといわれてます。

ミサイルの性能や発射する場所によって
誤差が生じますが、日々進化しているので

現在は7~8分で到達してしまいます。

だだし、日本国民が北朝鮮の
ミサイル発射に気付くのは

Jアラートというサイレンがなって
初めて認識するわですが

【弾道ミサイル攻撃】 J-ALERT警報音 デモ
 

お気づきかもしれませんが
ミサイルが発射されてから
Jアラートが鳴るまででタイムラグがあり

実際にサイレンがなってから
3~4分後には日本に到着するんです。

そんな早く着いてしまうと
起きていても安全な場所に
逃げるのは困難ですよね。

事前に緊急避難的に
逃げる場所を決めておく
必要がありそうです。

 

ミサイルからどう身を守る? 


政府が避難方法をCM(17/06/23)

といことで、3分~5分程度で
地下など安全な場所に非難できる事ができない
場合の方が多いと思います。

できるだけ
  • 屋内へ非難
  • できるだけ窓際を離れる
  • 地下に逃げる
理想は堅牢な地下室に逃げることですが
そんなものがある家や、施設は
殆どないと思います。

3~5分以内にできることといえば
避難場所に逃げること位しかありません。

避難場所を事前にいくつか調べ、
いざという時の事を想定するべきでしょう。

 

日本のどこに落ちるの?


◆北朝鮮ミサイルの標的になると言われている場所
  1. 首都東京及び地方の大都市
  2. 在日米軍基地
  3. 原発
  4. Xバンドレーダー
 

順番に見ていきましょう
  1. 首都東京や、大阪等の地方の大都市
    まずは、政治経済の中心である
    首都東京と、それに次ぐ主要都市を
    狙ってくるのは安易に想像がつきます 
    1. 在日米軍基地
      三沢基地
      横須賀基地
      厚木基地
      横田基地
      岩国基地
      佐世保基地
      嘉手納基地
  2. 原発
    国内に無数にある原発を狙えば
    核爆弾使用しなくても、甚大な被害が
    及ぶのは安易に想像がつきます
  3. Xバンドレーダー
    青森県の車力村
    京都の経ヶ崎
    には(Xバンドレーダー)が
    配備されていてそれを狙われます


バンドレーダーとは何?

Xバンドレーダーとは、
韓国に配備されたTHAAD機能の
一つとして開発されたレーダーで、


北朝鮮からミサイルが発射されたら
このXバンドレーダーが察知します。


それだけなく

潜水艦の居場所も探知できるようで
戦略上、潜水艦の居場所を
察知されたら不利になるので

戦略的には優先順位は高いのです。

そのXバンドレーダー
青森県の車力村と、
京都の経ヶ崎に
配備されているので

在日米軍基地同様
敵国からすれば脅威なわけです。

Sponsored Links

日本に導入予定の主な装置と値段

イージスアショア

陸上配備型のイージスシステムで
弾道ミサイルを迎撃できる
イージス艦と同様の能力を持つ。

1基あたり:800億円以上
日本全土カバーするには:2機

THAAD

大気圏の内外で弾道ミサイルを
迎撃するシステム。イージス艦や
PAC-3を協力に補完する装備

1基あたり:1000億円以上
日本全土カバーするには:6機

SPY-6

現在イージス艦が装備している
レーダよりも、さらに高性能な
レーダーで、近々米軍が配備予定。

トマホーク

地上の目標を攻撃する
巡航ミサイル。

射程は1250~2500km

1発:約1億円


 

実は、今の日本の装備では
北朝鮮の弾道ミサイルを
確実に迎撃するのは困難です

同時に複数、いろんな角度から
発射されたら、全て撃ち落とすのは
ほぼ不可能ですよね。

ですから

2段・3段構えで迎撃する必要があり、
その設備は高額なんです。
導入予定の設備の費用見れば一目瞭然。

儲かるのはだれだかわかりますか?
武器商人ですよね。

日本はただでさえ財源不足なので
国防費に回せる資金にも限度があります。

対話で解決できれば理想なんですが

北朝鮮も、中国もロシアも
基本的に譲らないですよね。

 

まとめ

北朝鮮は日本にミサイルは撃てません
撃てば、同盟国アメリカからの

報復攻撃で現政権は消滅します

ただ、100%撃ってこない
保証などありませんので

事前に、避難経路等の確認をしておく
べきでしょう。

本当は、国で避難訓練など
してくれると良いのですが

なんで、避難訓練しないんでしょうか?

予行演習をしても
Jアラートが実際に鳴れば
パニックになるでしょうが

事前訓練しておけば
被害は減らせると思うのですが。


こちらの記事もどうぞ!