日大アメフト部のラフプレー問題で
日本大学の後方が

「監督と指示はなく、選手が
故意でしたものでもない」

認識しているとコメントした。

  • 内田正人監督の指示ではなく
  • 宮川泰介選手も故意ではなかった。
これを受けて

関学大は17日に記者会見を
行う予定です。

本日の会見は荒れそうですね。

Sponsored Links

監督指示を日大が全否定

デイリースポーツさんの
速報記事を引用。

日大のコメントが都合良過ぎで
とても納得いきませんね。

詳しくは引用記事を参照下さい。

日大は、関学大からの抗議文に対し、15日に回答を提出した。文書の内容については明かさなかったが、日大側は内田監督をはじめ指導者、選手に聞き取り調査をしたという。その上で、指揮官が危険なプレーを指示したとされることについて、「指導者も選手も誰もそんなことは言っていない」と断言。あらためて故意によるプレーではないとし、「試合の中で残念ながら偶発的に起こってしまったアクシデントだと認識している」との認識を示した。

内田監督は問題が起きた試合以降、対外試合を含めて公の場に姿を現していないが、担当者は「(指揮を)自粛しているわけではなく、仕事などが忙しいので現場はコーチに任せている」と説明。また、反則を犯した守備選手は現在休養しており、練習場にも合宿所にも姿を見せていないというが、同選手が退部の意向を示していることについては「そんな事実はない。現在も部員です」と否定した。

今回の問題を受けて、関東学生連盟は10日に暫定的な処分として、反則を犯した日大選手の対外試合出場禁止、指導者への厳重注意を発表。さらに、規律委員会で関係者へのヒアリング調査をした上で最終的な処分を決める。

また、日大からの回答を受け取った関学大は、17日に記者会見を行う。日大もそれを受けて何らかのリアクションを検討するというが、記者会見を行うかは未定だという。

引用:デイリースポーツ

驚きのコメントがでましたね。

日本大学サイドがまさかここまで
一連の行為を否定するとは
予想外でした。

本日17日に開催予定の
関学の記者会見は
そうとう荒れそうです。

下手をすれば
訴訟問題にも発展して

日大アメフト部は
問題が解決するまで
対外試合とかできないのでは
ないでしょうか?

誠実で納得のいく対応を
していないと思われるチームとは

試合したくないですよね。

Sponsored Links

関学大の記者会見

雲隠れ中の内田監督について
批判があつまっています。

◆日本大学の会見の一部引用

 関西学院大学アメリカンフットボール部へ提出しました回答書にも記載しておりますが、弊部の指導方針は、ルールに基づいた「厳しさ」を求めるものであります。今回、指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質と認識しており、指導方法に関し、深く反省しております。引用:livedoorNews

引用記事の日大の説明では
大学に都合のいいコメントが多く

日大の加害者と被害者の対する
配慮が感じられない
責任逃れに終始しているようだ。

なんでそんな言い訳をするんで
しょうか?

ワイドショーを始めとした
テレビやネットでは反則の一部始終が
繰り返し放送され

普通に考えれば日大の選手が
故意に反則をしているようしか
みえません。

素人目にもアメフト経験者も
みな同意見です。

意見が違うのは日大だけなんですが(笑)
やましいことがないなら
後手後手の対応をせずに

まずは責任者が謝罪すべきです。
真相解明はそのあとでもいい。

まるで日大アメフト部の雰囲気が
良くない事を隠したいみたいです。

というのも

日大の内田監督のアメフトチームは
実際に独裁体制をのようで

細かい作戦・戦略はコーチが
つくるが古いタイプの根性論を
ゴリ押しする独裁者タイプなんだそうです。

さらに内田監督はアメフト監督でもあり
日大の常任理事でもあるため

気分を害するのを恐れて
だれも文句が言えないので
チームの雰囲気は良くないようです。

そんな日大の内田監督が
尊敬しているのは2人でしょう!

金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて [ 五味 洋治 ]
わが闘争(上)【電子書籍】[ アドルフ・ヒトラー ]

まとめ

今回は日大アメフト部のラフプレー問題で
日大広報のコメント速報をお届けしました。

詳細はさいど追記しますが
あまりにも都合のよい回答だと
正直感じましたが

関学大の会見に注目が集まります。

そのうち内田正人監督の
記者会見も行われるでしょうから

そのとき何と説明するんでしょうか?

ニュースやSNSで反則タックル動画が
これだけ放送せれていますし

下手な回答をしても後付で
言い訳をしているとしか思われない
のではないでしょうか?

日大サイドは苦しい展開になるでしょう。

後手後手の対応をするよりも

まずは正式に謝罪した上
事実と責任はっきりと明確にして

再発防止策を講じないと
下手をすると名門日大アメフト部は
廃部に追い込まれかねないのでは
ないでしょうか?

被害者の選手も関学大も
そこまでは望んでないと思いますが

日大があまりにも
不誠実は対応をすると
問題がさらにこじれそうですね。

詳細がわかりましたら追記します。

 
こちらの記事もどうぞ!