ベストセラー作家の山田真哉さんが
「じっくり聞いタロウ」に出演します
(2/22深夜24:22~25:10迄)

山田真哉さんの代表作といえば
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」で
160万部も販売されています。

そんな山田真哉さんがFXで大金を溶かし
まるでしくじり先生のような事に!

山田真哉さんの現在も含めて調べました!

Sponsored Links

山田真哉のプロフィール

山田真哉のプロフィール
  • 名前:山田信哉(やまだ しんや)
  • 生年月日:1976年6月16日
  • 出身:兵庫県神戸市
  • 高校:神戸高等学校
  • 大学:大阪大学文学史学科
  • 職業:公認会計士、税理士、作家

山田真哉さんといえば
「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」
をまず思いだします。

それ以外にも
「女子大学生会計士の事件簿」も
税務・会計に興味のある人は

一度は読んだことがあるかと思います。

一般的に税理士や公認会計士等の
先生(士業)にお世話になる方は
少数派でしょうが

一般的な公認会計士や税理士の年収は
どれくらいなんでしょうか?

税理士や公認会計士の年収

税理士が700万前後

公認会計士が1000万弱と
国家資格のわりには

案外給料はお安い部類に入るようです。

そのかわり超専門的な分野に
特化した人はべらぼうに高い報酬を
もらえるそうですよ!
Sponsored Links

さおだけ屋の印税はいくら

さおだけ屋の印税はどれくらい
もらったんでしょうか?

印税を仮に売れた本の10%とすると

160万部×10%×756円(本の単価)
=120,960,000円になります。
約一億二千万です。

それだけ収入があると
半分くらいは税金でもっていかれるて
しまうでしょうから

手許に残るのは半分位の
5000~6000万円くらいなんですかね。

FXで溶かした金額は

■結論:FXで溶かした金額は


驚愕の5000万円

山田真哉さんいわく

FXで溶かしてしまったのへ
さおだけ屋の本で稼いたあぶく銭だけなので

直ちに生活が困窮する事はなかったので
とくに困らなかったようですが

やっぱり

精神的なダメージは
半端なく大きかったようで
暫くは呆然としていたようです。

私なら立ち直る自信がありません。

山田真哉の現在

ベストセラー作家で
公認会計士・税理士の山田真哉
現在どんな仕事をしているんでしょうか?

プロフィールにも記載しましたが

公認会計士・税理士事務所の社長で

タレントや講師もしています。

ベストセラー作家の顔をもっていので
知名度は抜群でしょうからプレビュー (新しいウィンドウで開きます)

仕事は受注しやすいと思われます。

顧客には芸能人も多くいて
芸能事務所なんかの専門税理士を
兼ねているようです。

Sponsored Links

まとめ

山田真哉さんは結構な
波乱万丈の人生を過ごしているんですね。

公認会計士・税理士で
ベストセラー作家の顔をもつので

知名度バツグンで
比較的かんたんに仕事が取れそうですね。

投資関連のセミナーなんかも
しているようで

今回のTVの出演でさらに
仕事が増えそうですね。
Sponsored Links