2019年5月9日(木)22時00分からフジテレビ系で放送される『ストロベリーナイト・サーガ』第5話。

二階堂ふみと亀梨和也らが出演することで話題ですよね。

ごまごま

そんな『ストロベリーナイト・サーガ』の第5話を見逃してしまった!という方もいるはず。


ぶーすけぶーすけ

そこで今回はストロベリーナイト・サーガ』5話の「あらすじ」や「ネタバレ」「感想」を紹介します。


まずは、「あらすじ」や「ネタバレ・感想」を紹介。

記事の後半部分では、見逃し動画を無料で視聴する方法を説明しますね。

>>FODに無料登録して『ストロベリーナイト・サーガ』を視る!

Sponsored Links

『ストロベリーナイト・サーガ』5話のあらすじ

板橋区のアパートで50代男性の死体が見つかった。

死因は全身数カ所刺されての外傷性ショック死。

現場に駆けつけた姫川玲子(二階堂ふみ)たちに高島平南署の相楽康江巡査部長(宮地雅子)が状況を説明する。

殺害されたのはこのアパートの住人、吉原秀一(小林隆)。

指紋が拭き取られた凶器の包丁はこの部屋のものと思われた。

死体の傍にある、“ある印”に気づいた姫川に、相楽は吉原の持ち物と思われる折りたたみ式携帯電話を見せる。

相楽によると携帯には入力途中の番号「0456666*」が表示されていたという。

また、姫川は部屋の中にマジック関連の書籍やグッズが多数あることに気付く。
事実、相楽は吉原の職業がマジシャンだったことを報告する。

高島平南署に捜査本部が立ち上がり、姫川たちは吉原の携帯電話に登録されていた人物から聞き込みを始める。

すると、登録リストの中に驚くべき名前を発見する。

なんと、警視庁捜査一課の勝俣健作(江口洋介)の名前が入っていたのだ。

姫川は勝俣に尋ねるが、知らぬ存ぜずの一点張り。

姫川はこの件を今泉春男係長(山口馬木也)に報告。

今泉は「勝俣の件は俺が引き取る」と言い、姫川は他の知人や友人に聞き込みを開始する。

なお、当記事でご紹介している情報は2019年5月9日時点の内容になります。

最新の配信状況は公式サイトを確認下さい。

>>FODに無料登録して『ストロベリーナイト・サーガ』をみる!

 

Sponsored Links

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』5話のネタバレ・感想


『ストロベリーナイト・サーガ』5話の事件は過去に放送されたものと比べると、オーソドックスな内容でした。

5話最大の謎はやはり被害者の吉原秀一が残したダイイングメッセージだろう。

家宅捜索をして、吉原の職業がマジシャンであることに気づいた姫川。

吉原がガラケーに残した入力途中の番号「0456666*」がダイイングメッセージであると気付き事件は解決へと向かう。

事件そのものは普通の展開でしたが、今回はライバルであり宿敵「ガンテツ」の意外な過去の話も飛び出しました。

『ストロベリーナイト・サーガ』5話では、事件そのものよりも「ガンテツ」の人となりを紹介するために事件がセッティングされたような気もします。

捜査に感情を持ち込まず、冷酷無比とさえ思われた「ガンテツ」の人情味もある側面をチラ見せる理由はなんなのでしょうか?

ドラマも後半戦をむかえ、ガンテツが姫川とどのように絡んでいくのか楽しみがまた一つ増えましたね。

最後は味方になってくれることを期待していますがどうなるんでしょうか?

 
Sponsored Links

まとめ

今回は2019年春ドラマの『ストロベリーナイト・サーガ』第5話の『あさすじ・ネタバレ』を紹介しました。

二階堂ふみと亀梨和也さんが出演するということで話題沸騰中の『ストロベリーナイト・サーガ』。

1話~5話がすでに放送され、後半へ向けこれからさらに盛り上がること間違いなし。

亀梨和也さんのセリフが少ないので、不満のあるファンもいるかもしれませんね。

そんな『ストロベリーナイト・サーガ』を初回から見直したい方はFODでお得に楽しんで下さい!

>>FODに無料登録して『ストロベリーナイト・サーガ』を視る!



記載の情報は2019年5月9日のものになります。
最新の配信状況は公式HPを参照ください。
 
こちらの記事もどうぞ!
Sponsored Links

Sponsored Links