山口達也メンバーは女子高生に対する強制わいせつの疑いで書類送検されていましたが、5月1日に東京地検が不起訴処分としました。

それに加えて起訴猶予処分にしたようですが、私は法律関係に疎いので違いが良くわかりませんでした。

そこで不起訴処分と起訴猶予処分の意味や違いについて調べてみましたので、さっそく見ていきましょう!

Sponsored Links

山口達也氏の不起訴処分とは?


今回の事件で東京地検は山口達也メンバーに不起訴処分を言いわたしました。

不起訴処分とはいったいどんな意味なんでしょうか?

不起訴処分とは言葉のとおり、起訴しないということです。
ここまでは皆さんわかりますよね!
(さすがの私もここまではわかりました)

もう少し詳しく説明すると

『不起訴』とは、起訴しないこと、

つまり、山口達也さんが起こしてしまった事件について裁判で審判を求めないし、争わないという意味です。

山口達也メンバーはほっとしたでしょうね!

しかし、東京地検の検事さん達は『不起訴処分』だけではなく、『起訴猶予処分』を下しています。

起訴猶予処分とはいったいどんな意味なんでしょうか?

起訴猶予処分の意味

起訴猶予についてお話する前に、不起訴の種類を改めて説明します。

先程も述べたように、一般的には検察がとある事件

山口達也さんの場合は、『女子高生に対する「強制わいせつの」の疑い』について、

裁判で審判を求める必要がないと判断した場合に不起訴となります。

◆不起訴を更に分類すると
  1. 『嫌疑なし』
  2. 『疑義不十分』
  3. 『起訴猶予』
の3種類に分類することができます。

Sponsored Links

◆嫌疑なし

捜査の結果、被疑者(山口達也さん)に対する犯罪の疑いが晴れた場合「嫌疑なし」で不起訴になります。

要するに、無実ということですね。

◆疑義不十分

捜査の結果、容疑は完全に消えてはいないけれど、裁判で有罪ということを証明することが困難である場合「嫌疑不十分」で不起訴になります。

めちゃくちゃ怪いんですけど、証拠不十分で有罪にすることが難しい感じなんでしょうね。

冤罪問題になったら大変ですから訴えたくてもできない一番もやもやしそうな案件なんでしょう。

◆起訴猶予

そして、今回の山口達也メンバーのケース『起訴猶予』です。
地検の方が一生懸命捜査した結果、有罪の証明が可能であっても、検察官の裁量で不起訴とするのが『起訴猶予』になります。

今回の例で具体的に話しますと、
  • 山口達也メンバーの社会的地位
  • 山口達也メンバーの犯罪の重さ
  • 山口達也メンバーの犯罪後の状況(示談成立)
を総合的に考慮して有罪にできるだけの証拠があっても、起訴しないこと

要するに、『起訴すれば有罪にできるだけの証拠があるんだけど、検察官の裁量で起訴しないでおいてあげますよ!』

というのが「起訴猶予処分」なんです。

捜査して、山口達也メンバーの法律違反は確認できたんだけど、今回はあえて起訴しませんよ!ということです。

事前に事実を認めて謝罪して示談もしていたし、TVで謝罪会見を開いたことも考慮されたんでしょう。

敏腕弁護士がついていたから、そこまでできたんでしょうね。

矢田次男弁護士の学歴や経歴は?山口達也スキャンダルは安倍政権とNHKの陰謀説なのか!

Sponsored Links

まとめ

今回は不起訴処分と起訴猶予処分の違いや意味について深掘りしました。

とりあえず、山口達也メンバーは起訴されずに済みました。

しかし「前科」はつきませんが、捜査機関(警察・検察)の捜査対象となったことがあるという「前歴」という不名誉な前歴がついてしまいました。

この「前歴」は生涯消えることのない汚点となってしまいます。

実は山口達也メンバーは、すでに「前科」があるんです。

2011年8月28日に免許切れ(無免許運転)で書類送検され、不起訴処分で「前科」がついているんですね。

「前科」と「前歴」のダブルホルダーのアイドルも珍しいかもしれません。

山口達也メンバーは、今回は不起訴処分で、起訴猶予処分となりましたが

不名誉な「前歴」もついてしまいました。

被害者本人と家族に生涯誠意をしめし、今後の人生を歩んでいくしかありません、ただお金ではなく、ひたすら誠実に対応することで償うしかないでしょう。

◆そんな山口達也さんの今の心境にぴったりの商品がこちら!

▼上を向いて歩こう!▼

人生、山あり谷あり、悪いことばかりじゃありませんよ!
きっと良いこともありますよ!

 
こちらの記事もどうぞ!
Sponsored Links