まとばゆうの経歴や学歴は?背泳ぎピアニストのネタ動画や彼氏についても調査!

まとばゆうさんが背泳ぎピヤニストとして「かみひとえ」の「男女対抗!紅白かみひとえ合戦」で紹介されました。

今回はこの不思議な特技をお持ちの女性についてとりあげたいと思います。

Sponsored Links

まとばゆうさんの経歴や学歴

「まとばゆう」のプロフィール
    • 名前:的場優(まとば ゆう)
    • 生年月日:1985年6月18日
  • 血液型:A型
  • 身長・体重:165cm、57kg
  • BWH:B80、W64、H-
  • 出身:神奈川県横須賀市
  • 高校:神奈川県立大津高校
  • 大学:日本大学芸術学部音楽科
  • 特技:ピアノ
  • 所属:太田プロダクション
 

まとばゆうさんは、神奈川県横須賀市出身で地元の神奈川県立大津高校に進学。

大学は日本大学芸術学部音楽科に進学されました。

日本大学芸術学部音楽学科は音楽のプロを目指す学生が進学する学校です。

写真、映画、美術、音楽、文芸、演劇、放送、デザインの8学科の中の一つで、

さらに作曲理論、音楽教育、声楽、ピアノ、弦管打楽、情報音楽の6コースに分かれています。

学生時代は作曲理論コースに在籍し、音楽漬けの生活を送ったまとばゆうさん。

学業も優秀だったようで、在籍中の2007年には第2回TIAA作曲家コンクールで入選されています。

 

大学を卒業した彼女は大学院に進学。

日本大学大学院修士課程音楽芸術に進み、作曲科を卒業。

プロの音楽家を目指し大学院修士課程を卒業した「まとばゆう」さんは、卒業後どんな人生を歩んだのでしょうか?

Sponsored Links

まとばゆうの職歴

大学院を卒業したまとばゆうさんは、ピアノのプロとしての仕事をはじめます。

ピアニストとしても活躍され

  • 2016年:第20回TIAA作曲家コンクールで審査員賞
  • 2017年:東京ピアノコンクールで審査員特別賞
と立派な成績を残しています。

個人事務所『桃木こもも音楽事務所』を設立した彼女の舞台は演奏家にとどまりません。

 

楽曲提供や映画・演劇・舞踊などにも活躍の場を広げ、

演奏者の派遣や、コンサートの企画・プロデュースなど幅広く事業を拡張していきました。

バイバリのやり手キャリアウーマンだったんでしょうか?

 

いろいろ活躍の場を広げたものの、本心は演奏家としてもっと表舞台で活躍する事を夢見ていたんでしょう。

大手レコード会社や事務所に自身のデモテープを送り自分を売り込んだが、なかなかデビューの機会に恵まれませんでした。

失意の中、オーディション雑誌に掲載されていた芸能事務所にも手を広げたところ転機が訪れます。

アーミー・パークの目にとまり、2011年には「ピアノ芸人」としてデビュー。

おそらくは、正統派のピアニストととしてデビューしたかったはずが、

芸人枠として芸能事務所に入り、ピアノ芸人としてデビューを飾ることになったのです。

なかなか激動の人生を過ごしてます(笑)

Sponsored Links

彼氏はいるのか?



この投稿をInstagramで見る

アミーパークライブ 髪切った 芸人仲間

まとばゆうさん(@yumatoba)がシェアした投稿 –


興味がある方もいるかと思いまして調べたところ、そのような浮ついた噂はまったくありませんでした。

男性と一度もお付き合いした事がないわけではないでしょうが、少なくとも現在はプロのピアノ芸人さんとして精進している最中のようですよ。

逆に今がお近づきになる絶好のチャンスかもしれませんね!

背泳ぎピヤニストの動画とネタ

それでは噂の背泳ぎピアノ動画を見てみましょう!


背面でピアノを引くのもすごんですが、相当鍛えていないとこの姿勢をたもてませんよね。

どれだけ腹筋・背筋を鍛えたらこの姿勢でピアノを引けるのか想像できません。

ネタではなく普通に演奏するとこんな感じ。


やっぱりプロは違いますね。

まとばゆうさんはなんちゃってピアノ芸人ではなく、本物のプロの音楽家さんなんです

まとばゆうのネタ動画







まとばゆうさんのYoutubeチャンネルの投稿ネタをいくつか紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

残念ながら大爆発している動画はなく、ピアノ芸人としては現在苦戦しているようです。

最近の投稿ネタは、胸を強調したネタが多くUPされていました。

しかし、起死回生のこの1手もヒット動画には結びつかず・・・。

テレビ出演を気に、仕事が沢山舞い込むといいんですが。

Sponsored Links

まとめ

今回は、ピアノ芸人のまとばゆうさんについてとりあげました。

プロの音楽家として「ピアノ芸人」まとばゆうさんはこれからますます活躍の場を広げるかもしれませんね。

Sponsored Links

Sponsored Links